お知らせ

「国際テーブル&キッチンウェア EXPO夏」のご案内

  • by

「第13回 国際テーブル&キッチンウェア EXPO夏」 ブース番号のご案内をさせていただきます。 スズ木出展ブース番号は「L22-5」となります。 ぜひとも、ご来場いただき「スズ木」ブースに足をお運び下さい。 スタッフ一同、こころよりお待ちしております。 ご来場の際には招待状をご持参ください。 招待状をお持ちでない場合には入場料がかかります。 会 … 続きを読む »「国際テーブル&キッチンウェア EXPO夏」のご案内

国際テーブル&キッチンウェア EXPO夏

第13回 国際テーブル&キッチンウェア EXPO夏に 出展いたします! ”毎日を心豊かに過ごす”をコンセプトに、 「使い勝手の良い道具」をご提案します。 皆様のお越しを心よりお待ちしております。 会場:東京ビッグサイト東展示棟 期間:2022年7月6日(水)~8日(金)

第61回 四日市ばんこ祭り

今年で第61回目となり、四日市ドームでの開催となります。 掘り出しもの、こだわりのもの、 「楽しい」をいっぱいご用意しております。 初めてのドーム開催。 今までとはちょっと違った感じで 皆さんに出会えること楽しみにしています。 スズ木も参加しております。お立ち寄りください。 日時:2022年5月21日(土)・22日(日)    10時~17時 会場… 続きを読む »第61回 四日市ばんこ祭り

価格改定のお知らせ

価格改定のお知らせ ショップ日常茶飯器は、2022年6月1日から 価格の改定をさせていただきます。 主要原材料の価格高騰、生産・流通に関わる費用の値上がりの中、 現行価格の維持に努めてきましたが、 今回やむ得ない苦渋の値上げとなりました。 大変申し訳ございませんが、2022年6月1日発送より、 新価格となりますのでよろしくお願い致します。 今回の改… 続きを読む »価格改定のお知らせ

「インテリアライフスタイル2022」のご案内

「インテリアライフスタイル2022」のご案内 「インテリアスタイル2022」ブース番号のご案内をさせていただきます。 日常茶飯器ブース番号は「西1ホール A017」となります。 ぜひとも、ご来場のいただき「日常茶飯器」ブースにも足をお運び下さい。 スタッフ一同、こころよりお待ちしております。 また、ご来場にはウェブでの来場事前登録が必須となります。… 続きを読む »「インテリアライフスタイル2022」のご案内

「インテリアライフスタイル2022」に出展いたします!

  • by

インテリアライフスタイル展に、 スズ木のオリジナルブランド「日常茶飯器」が出展いたします! ”毎日を心豊かに過ごす”をコンセプトに、 ごく自然に手に取って使える「使い勝手の良い道具」をご提案します。 ぜひ、ブースにお立ち寄りください。 実際にお手にふれ、楽しんでいただけると嬉しいです。 皆様のお越しを心よりお待ちしております。 会場:東京ビッグサイ… 続きを読む »「インテリアライフスタイル2022」に出展いたします!

年末年始休日のご案内

年末年始の休日のご案内をさせていただきます。 休日は12/29(水)~1/5(水)となります。 年内最終ご注文受付、年内最終発送日は12/24(金)となります。 年始めの発送は1/7(金)からとなります。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。 末筆になりましたが、本年はご愛顧いただきましてありがとうございました。 来年もどうぞ宜しく… 続きを読む »年末年始休日のご案内

EXPO夏に出展致します。

ライフスタイルWeek内 『第12回国際テーブル&キッチンウェアEXPO夏』が間もなく開催されます。 スズ木は今回初めて出展させていただくことになりました! 日常茶飯器・パンダ食堂・ハローキティ商品を展示する予定ですので、 ご来場の際には、ぜひスズ木のブースにもお立ち寄りください。 心よりお待ちしております。 スズ木ブースは『14-22』になります… 続きを読む »EXPO夏に出展致します。

年末年始休日のご案内

年末年始の休日のご案内をさせていただきます。 休日は12/29(火)~1/5(火)となります。 年内最終ご注文受付は12/24(木)、年内最終発送日は12/25(金)です。 年始めの発送は1/7(木)からとなります。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。 末筆になりましたが、本年はご愛顧いただきましてありがとうございました。 来年も… 続きを読む »年末年始休日のご案内

「日常茶飯器」誕生

  • by

新ブランド「日常茶飯器」誕生。 平素は格別のご高配を賜り、有難うございます。 ㈱スズ木より新しいブランドが誕生します。   「日常茶飯器」 日々、なにげに繰り返す暮らしの中の「食」をもっと愛でることができたら、それはとても幸せなこと。 料理を家事という言葉ではなく毎日を心豊かに過ごす「しぐさ」にしたい。 毎日使うものだから、理屈っぽくなら… 続きを読む »「日常茶飯器」誕生